投稿日:

総量規制対象外とは

2010年に改正された改正貸金業法により消費者金融や信販会社などのノンバンク系の会社から無担保無保証で融資を受ける際、融資限度額が他社も含めて年収の1/3までに制限されており、これは総量規制と呼ばれています。2010年以前は審査に通れば年収の1/3を超える金額や収入の無い専業主婦でも融資を受けることができましたが、貸金業法が改正されてからは大幅に制限されるようになりました。このため今は収入の無い専業主婦がキャッシングサービスを利用するためには総量規制対象外の会社を利用しなければなりません。総量規制対象外とは貸金業法によらずに貸付業務を行っている会社の融資サービスのことで、銀行カードローンがこれに該当します。総量規制対象外とは年収の1/3を超える金額の貸し付けを行うことができるサービスのことです。このため貸金業法の下で業務を行っている会社のキャッシングよりも限度額が高いですし、専業主婦の立場の人でも不動産などの担保物件を所有していたり配偶者に一定の収入がある場合には昔のようにキャッシングやおまとめローンを利用できるのです。さらに以前は消費者金融としてキャッシングサービスを行っていたものの、現在は経営母体が銀行になることで総量規制の対象から外れた会社のキャッシングサービスがあり、このような会社を利用することで法改正以前のように即日審査や24時間利用可能なATMからキャッシングや返済をすることができるのです。