投稿日:

カードローン審査で嘘はばれるのか

銀行カードローンの申込みで審査に通過したいと思うあまり、嘘の記載をするケースは少なくありません。例えば、収入を高く記入してしまったり、勤務先に大手企業を記入してしまうことがあります。しかし、こうした嘘は高確率でばれるという記事が多く書かれているので、正しい申込みをすることが重要でしょう。

審査では在籍確認をして、場合によっては所得証明書の提出を求めます。
在籍確認は、申込書に記入した会社に本当に勤務しているか確認の電話連絡を入れることです。そのため、在籍していなければ、その時点で知られてしまいます。また、所得証明書の提出を求められた場合は給与明細や源泉徴収票などが必要になるので、これが用意できない時点で融資はしてもらえません。

そして、これまでに他社の金融商品に申し込みをしたことがある人は、その情報が個人信用情報機関にて記録されています。この機関の登録内容は必ずチェックされるので、以前の申込み内容と相違点があれば疑われてしまうことは確実です。また、他社からの借入れの有無で嘘の申告をした場合でも、ここの登録内容を見れば全体に借入件数や借りれ総額などが一目でわかってしまうため通用はしません。

返済能力の確認は、返済のリスクの減らすために重要な事なので適当に行うということはありません。一度虚偽の申告をすると、その後の借り入れにも大きく影響してくることになり、数年間は借り入れができない可能性も出てきてしまうので注意してください。