投稿日:

カードローンの使い道は自由です

カードローンはフリーローンに分類される金融商品なため、使途限定がありません。つまり、借りたお金の使い道は自由だということです。
言ってしまえば、ギャンブルや他社への返済に充てても問題はないとしているわけですが、審査ではこの使い道を尋ねられることがあり、これを正直に答えてしまうと貸してくれない可能性があります。審査では申込み者の返済能力を確認するわけですから、ギャンブルでは後々返済してくれる可能性がなくなりますし、他社への返済に充てる時点でお金に困っているので返済してもらえる可能性は限りなく低いと判断されます。
資金目的を訊ねられたら、その銀行で扱っているローン商品以外の理由を付けてみましょう。例えば住宅の購入にあてたいと回答してしまうと、銀行では住宅ローンが必ずあるので、そちらの利用を勧められてしまいます。それを踏まえて、家電の買い替え、旅行費用、医療費、冠婚葬祭費などがよく使われる理由です。ただ、クレジットカードで支払えるものをわざわざカードローンで利用したいというのもおかしいので、冠婚葬祭費が一番無難でしょう。
また、希望借入額によっても厳しさは変わってきます。高額を希望するほど突っ込んで聞かれますし、矛盾点をつかれること必至です。
いずれにしても、申込み者の属性が良くて、これまで借り入れで問題がない場合は貸してくれる可能性は高くなっています。逆に嘘をついても借り入れ状況に問題があれば難しいでしょう。
備前信金